所帯を持って、のちに子供を生み、それでも家庭の中での仕事と勤めの両方に苦心してきたけど、予想通り転職しない場合看護職として今と同様には持ちこたえられないという人たちもいます。もう少しスケジュールの面でひまが持てれば、子供がいる家庭について理解のある就職先はあるものかなどと期待しているナースだって多いでしょうね。ナースという職業の方たちは、みんな少なくても勤務の中身等に不平を感じていると思われます。だからこそ職を移りたいと検討するのでしょうけど、同僚との関係の問題が理由の場合、今の現場と似たかんじの空気の所は数々ありますから、面接などの時には先方の様子を十分に読みとった上で検討すると良いでしょう。介護施設じゃないとしても、例えば訪問介護で看護職の立場で患者さんをサポートするお仕事はできるから、時間の都合をし易い職場も少なくないのです。今現在の在宅看護の分野は非常に看護師・準看護師を必要としている為、採用人数が大きいようですね。未経験からの転職ならこちら