自分一人でできるタスク徐々に増してくるのが、経験値の高い看護師という証ですね。委任される役割がてきぱきとやれるようになることで、段々と責務が重い作業などを委ねられていきます。それに伴い、辛さも増えていく為、別の職場に移る時を考え始めるのだと考えられます。新人職員が業務を始めたら、ワークを切り回していくようにステップアップするまでの間、フォローは即戦力になるナースが軸となって執り行いますよ。この為に、慣れないナースを補佐するせいでオーバータイムが増えたりする事も否めません。それにより、肉体的、精神的にも厳しくなっり、仕事を変えることを迷うことになると推測されます。何年か働くと看護士の職務においても気持ちのゆとりが出てきますね。それに合わせて、同僚の性格とかも気づいてきます。それに伴い職場の同僚との関係にヘトヘトになって苦しみ、フレッシュな環境を迷うことを避けられなくなってしまったりするのでしょう。そういった時は、腹をくくって異なった勤務先への就職を計画してみましょう。未経験からの転職はこのサイトがおすすめです!