任せられる業務が少しずつ増えてくるのが頼りにされる看護職員ですね。責任の重い仕事が自信をもってやり遂げられるようになることで、だんだん重い責任がかかる役回りを付け足されると思われます。それに伴い、苦心することも増えてくるので、他の職場への移動の時期を考えあぐね始めてしまうのだと考えられます。独り立ちしてない看護職員がチームの一員になるとタスクが取り仕切るようにステップアップするまで、サポートは経験値の高い看護師が軸となって執り行いますね。ですので、慣れないナースを補佐するせいでオーバータイムが多くなる事も否めません。そのようなことが肉体的そして精神的にもきつくなて仕事を辞めることを決心することになりえると考えられます。慣れてくるとナースの仕事にも余裕が出始めてきませんか?それと並行して、現場の仲間の気立てとかについても知る事ができてきます。それが原因で病院の人間関係にくたくたになって思い悩み、別の働き口を迷い始めるタイミングになってしまうのです。そういったことがあれば、一か八か他の環境への移動を検討してみましょう。未経験からの転職はこのサイトがおすすめです!